トライアスロンのランの走り方の理想はこれだ( ゚Д゚)

トライアスロン,練習,ラン,トレーニング,動画

走り方をマネしてみてください!!

2013/07/17

トライアスロンのランの練習をするときに真似してほしい動画の紹介です。
今回は、トライアスロンのランのお手本となるのがマラソン選手です。

 

マラソン選手といっても、外国の選手の走り方を真似してほしいです。
とくに、ケニアやエチオピアの選手の走り方です。
まずは動画を見てみてください。

 

 

 

この動画で見てほしいところは2つあります。

 

1分24秒〜2分7秒まで

このあたりの動画では、マカウという選手の正面からの映像になります。

 

正面から見るとわかりますが、マカウ選手は走り方がほんの少しですが、左右違うんですよね。
右足で強くけるって感じの走り方です。

 

「ターン・タン、ターン・タン」の繰り返しの走り方です。
この走り方はリズムが取りやすいんですよね。

 

長距離を走るときに大事なのはリズムです。
だからマカウ選手のように、左右のバランスは少し気になるかもしれませんがとにかく走りやすいリズムを見つけるということが大事になるんですよね。

 

2分30秒〜2分52秒まで

この時は、マカウ選手の後ろ姿の映像になります。

 

走るときの後ろ姿ってかなり大事なんですよね。
背中が「丸まってないか」とか「腕が振れてるどうか」とか「しっかりと地面をけれているか」いろいろ見ることができます。

 

今回の動画では、着地と足の蹴り上げを見てほしいと思います。

 

マカウ選手は着地してから、足をけり上げるまでの動作が早いです。
着地が短いってことですよね。

 

着地が短かったら、宙に浮いている時間が長いので、足への負担も減ると僕は思ってます。
また、着地が短いことで、次の一歩を出しやすくなるんですよね。

 

だから、無理やり着地を短くしようとしたら、自然にピッチも早くなるし、嫌でも速く走れるようになっちゃうんですよね。
マカウ選手の走りっていうのはものすごくお手本になるんですよ。

 

トライアスロンの練習中にこの動画の走り方をイメージしてトレーニングすることで効果はものすごく違うんですよね。
だから、まずはこのマカウ選手の走り方をお手本にしてみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロンのランの走り方の理想はこれだ( ゚Д゚)関連記事

アームストロングのトライアスロン2012
自転車競技で有名なアームストロングがトライアスロンの大会に出場した時の動画です。 自転車の乗り方がめちゃくちゃお手本になります。バイクっていうのはこうやって乗るんだってわかりますよ。バイクの練習に役立ちます。
スイムトレーニング動画〜ひじの使い方・コアトレ〜
泳ぐときのひじの使い方やトライアスロに必要なコアトレーニングが紹介されています。体幹(腹筋・背筋など)を鍛えることで姿勢が良くなりトライアスロンのスイムは速くなりますよ。
自転車で時速100qを疑似体験しましょう♪
トライアスロンで自転車の一番怖いのが下り坂です。スピード感覚を身につけるためにまずは時速100qを疑似体験しましょう。
スイムトレーニングの動画!フォームチェックを!
トライアスロンのスイム練習の動画です。スイムトレーニングをするときのフォームのお手本ですよ。練習中に手の進まないなと思ったときはフォームをチェックしましょう!
スイムトレーニングの動画【腕のかき方〜ひじを立てる〜】
スイム練習で大切なのはフォームです。 腕のかき方でも、少し意識するだけで、進むようになったり、ちょっとしたことが泳ぎの上達、速くなるためのコツです。腕のかき方の動画を見て学びましょう!!

トライアスロンのランの走り方の理想はこれだ( ゚Д゚)の先頭へ戻る