スイムトレーニングの動画【腕のかき方〜ひじを立てる〜】

スイム,トレーニング,手,腕,かき方

スイムはひじが大切です!!

2013/08/26

スイムは腕のかき方がとっても大切ですよ!!

 

まずは、きれいなフォームをみにつけることで、楽に速く泳げるようになります。
ということで、今回は、腕のかき方の中でも、ひじを立てて泳ぐということについての動画を紹介します。

 

「ひじを立てるメリットとは??」

 

ひじを立てることによって、手で水を押すときの抵抗を最大限にすることができます
抵抗が大きいということはそれだけ進むということです。
だから、ひじを立てて泳いでみるということを意識して練習をしてみてくださいね!(^^)!

 

 

 

 

この動画では1分5秒当たりから、ひじを立てて泳ぐことに関しての説明がされています。
手をかくときは、正面から見た時に、ひじが高い位置にして泳ぐことを意識します。

 

スイムトレーニングのクロールの泳ぎ方のコツ

 

上の画像のように、ひじが外を向いていて、腕全体で水をかくように泳いでみてください。
水の抵抗がきつく感じると思います。
きつく感じるようだったら、泳ぎ方は大正解です。

 

逆にひじが内側に入ってしまうこともあります。
どうしても、力を入れるときはひじが内側に入りやすくなります

 

ひじが内側に入ってしまうと、せっかく手をかいても、ひじを立てた時と比べると7割くらいしか抵抗を感じずに、もったいない泳ぎになってしまいます。
だから、効率よく少ない回数で、大きな抵抗を手で感じれるような泳ぎを目指してみてくださいね!

 

ひじを立てるって難しい・・・」っていう人のためにポイントがあります。
下の画像のように、手をかくときにl、大きなボールをイメージしてみてください。

 

トライアスロンのスイムトレーニングのコツ

 

上の画像で赤いボールを作ってみました。
あそこにボールがあるように、泳ぐときも、大きなボールを体の下にあるということをイメージして泳いでみてください。
そうすると、ひじが外に開きやすく、上手に手をかくことができると思います。

 

コツをつかむと、一回の手のかきで進む距離が全く違います

 

コツをつかむまでは、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、コツがわかった時は泳ぎが全く変わります。
だからまずは、ボールがあるというイメージで泳いでみてくださいね〜!(^^)!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スイムトレーニングの動画【腕のかき方〜ひじを立てる〜】関連記事

アームストロングのトライアスロン2012
自転車競技で有名なアームストロングがトライアスロンの大会に出場した時の動画です。 自転車の乗り方がめちゃくちゃお手本になります。バイクっていうのはこうやって乗るんだってわかりますよ。バイクの練習に役立ちます。
スイムトレーニング動画〜ひじの使い方・コアトレ〜
泳ぐときのひじの使い方やトライアスロに必要なコアトレーニングが紹介されています。体幹(腹筋・背筋など)を鍛えることで姿勢が良くなりトライアスロンのスイムは速くなりますよ。
トライアスロンのランの走り方の理想はこれだ( ゚Д゚)
トライアスロンのランの走り方についての動画です。ランは練習中に走り方を意識することが大事です。トレーニングの参考になることを動画で紹介します ^^)
自転車で時速100qを疑似体験しましょう♪
トライアスロンで自転車の一番怖いのが下り坂です。スピード感覚を身につけるためにまずは時速100qを疑似体験しましょう。
スイムトレーニングの動画!フォームチェックを!
トライアスロンのスイム練習の動画です。スイムトレーニングをするときのフォームのお手本ですよ。練習中に手の進まないなと思ったときはフォームをチェックしましょう!

スイムトレーニングの動画【腕のかき方〜ひじを立てる〜】の先頭へ戻る