前乗りでバイクはもっと速くなる!

バイク,自転車,前乗り

バイクが速くなる秘密は”前乗り”にあった!?

2013/10/26

バイク(自転車)のセッティングっていうのはかなり大切ですよね。

 

ツール度フランスとかに出ている自転車競技選手とかになると、1ミリサドルの高さが違うだけで・・・なんてことも聞いたことがあります。
だから、一番自分に合ったバイクのセッティングっていうのがかなり大切になってくるんですよね。

 

そこで僕も自分なりにバイクのセッティングをしてみました。
サドルの高さや、前後の位置、サドルの角度などいろいろ試してみた結果・・・
最高のポジションを発見したんです!!

 

それが、”前乗りポジション”っていうわけですね。
とにかく、限界まで僕はサドルを前に出しています。

 

バイクが速くなる秘密は”前乗り”にあった!?

 

もうこれ以上前には出さないで〜!っていわれそうなくらい限界までサドルの位置を前にしているんですよね。

 

これはかなり楽にバイクがこげるからです。

 

この前乗りっていうのは、向き不向きがあるので、少し説明しますね。
僕は、自転車は”ペダルをまわす”っていう感じで乗っています。

 

だから、僕がこちらの記事でも太ももの裏でこぐって説明しているように、引き足を使うのがバイクが速くなるポイントなんですよね。
その引き足を使って自転車をこいでいる人に前乗りは最強のポジションなんですよね。

 

イメージとしてはこんな感じですね。

バイクが速くなる秘密は”前乗り”にあった!?

 

この写真の場合は、サドルを前に出しているのではなくて、サドルの前のほうに座っているので完全に前乗りですよね。
サドルを前に出すか、サドルの前のほうに座ることによって、前乗りポジションが作れます。

 

これはかなり力が入るんですよね。足を引き上げやすい。ペダルの位置とサドルの位置が関係しているんです。
実際にやってみるとわかりやすいので試してみてくださいね。

 

サドルの後ろのほうに乗ってペダルを引き上げるのと、前乗りをしながらペダルを引き上げるのとでは全然違うと思います。
前乗りのほうが確実に楽に走れるんですよね。

 

だから、バイクでもっと速く走りたいっていう人は”引き足でペダルをまわす”っていうことと、”前乗りポジション”っていうのを試してみてくださいね!
かなり楽に、速く走れるようになると思いますよ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前乗りでバイクはもっと速くなる!関連記事

バイクの練習で意識したい正しいフォーム
トライアスロン初心者の人のために、自転車の正しいフォームについて紹介します。フォームをキレイニするだけで、トライアスロンのバイクは速くなります。
3本ローラー台のバイク練習
トライアスロンのバイク練習で3本ローラー練習のやり方を紹介します。時間効率もよく、強度の高い練習ができるのでバイクの練習はローラー練習をオススメします。
バイクの練習が長時間できるお尻に優しいサドル!
トライアスロンの練習で、バイクはかなり長時間の練習になります。サドルが固いとお尻が痛くて練習できないので、オススメのサドルを紹介します。
バイクの空気抵抗と姿勢について
トライアスロンでのバイクが速くなりたいと思ったら、空気抵抗を減らさないといけません。どのポジションで走るとどれくらいの空気抵抗があるのかを理解して練習すると速くなりますよ。

前乗りでバイクはもっと速くなる!の先頭へ戻る