トライアスロンのランの練習方法

トライアスロン,ラン,練習方法,走り方

ジョギング練習だけで速くなる練習方法!

2013/05/03

ランは、得意、不得意が大きく分かれる種目です。
スイム、バイクは練習すれば上達し、速くなるんですが、ランの場合、そう簡単には速くなりません。

 

しかし!!走り方を意識するだけで、ジョギング練習で速くなるんです!!

 

ポイント

着地がポイントになります。
バタバタと着地するのはよくないですね。スーっと軽い足取りで走れるのが理想です。

 

まずは、イメージしてみてください。ケニア人の走りをイメージします。
(マラソンや世界陸上をみるといいですよ)

 

速くなるランの練習方法

 

ケニア人って走りが軽いですよね。あの走りをイメージするんです。
ポイントは、「着地時間を短くする!

 

着地時間が長いと、どうしても走りが重くなります。
だから、着地を意識しましょう!!

 

着地時間を短くできれば、自然とピッチも上がります。
ピッチが上がることによって、自然とスピードも上がるので速くなるんですよね。

 

練習内容

主にジョギング練習だけでいいです。
40分〜60分ジョグを週に2回できるといいと思います。

 

僕は、インターバルなんて絶対にやりません。
大体60分ジョグと、100m×2.3本の流しをして終わりです。
(たまにキロ4分で18キロとかのペース走はやりますね)

 

最後の流しは重要ですよ
流しの距離は100mとか短くても、速いペースに体が慣れますからね。

 

とにかくランは、速く走ることよりも、着地を意識して、走り方を見直すことが一番の速くなる方法です。

 

トライアスロンの大会は基本的に10キロなんで、スピード練習しなくても大丈夫です

 

もし、インターバルをやりたい方は400m×10本とか、1キロ×5本とかをやりましょう。
でも、きついのが嫌いな方は、ジョギング練習をオススメします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョグで速くなる!ランの練習方法関連記事

7:3の法則(バイクとランの筋肉)これでランは速く!
トライアスロンのランが速くなる練習は、バイク練習をした後にすぐに走るです。トライアスロンの大会と同じ状態でランの練習をすると速くなります。それは筋肉の7:3の法則によるものです。
レース用シューズの選び方
トライアスロンのランは最後の種目なのでかなり疲労していますよね。レース用のシューズ選びというのはかなり大事です。大会用のシューズの選び方を紹介します。
坂道(上り坂)の走り方
坂道(上り坂)は走り方をしっかりとするだけで楽に走れるようになります。坂道はあることを意識して走るようにしましょう!
ランニングマシンを利用してフォーム矯正!
ランニングマシンを利用して楽に速く走れるようにフォームを矯正できるんですよ!ちょっと意識して練習してみることで楽に走れるようになります。

ジョグで速くなる!ランの練習方法の先頭へ戻る