坂道(上り坂)の走り方

ラン,坂道,上り坂,走り方

ランの坂道(上り坂)の走り方

2013/10/25

上り坂はあるコツを抑えて上るようにすると楽に走れるようになります!

 

上り坂はとってもきついですよね。あの時にあるポイントを意識して走るようにします。

 

上り坂を走るときの3ポイント!

少し前傾姿勢

上り坂を走るときは少し前傾姿勢っていうのがポイントですね!

 

というか、自然と体が前に倒れると思うんですよね。だから、走るときは少し前傾姿勢を意識します。
そうすることで自然と足が上がりにくい上り坂でも前に進もうとできるのでしっかりと走れるようになります。

 

息をしっかり吐く!

しっかり息を吐くというのは、かなり大切です!!

 

上り坂は息がかなり上がります。
そうすると、息が切れるんですよね。

 

息が切れているっていうのは呼吸がしっかりとできていないっていうことです。

 

呼吸ははかないと吸うことはできないんですよね。だから、息をしっかり吐くようにします。

 

上り坂のようにきつい場面では息を吐くように意識すると呼吸がすえるようになるのでしっかりと走れるようになると思いますよ!

 

太ももの裏を意識して走る!

上り坂を走っている人をみると、ふくらはぎで蹴り上げている人が多いんですよね。

 

これは仕方がないことなんですが、ふくらはぎっていうのはものすごく疲れやすい筋肉なんです。
ふくらはぎは疲れやすいからすぐにきつくなるんです。

 

だから、もっと疲れくい大きな筋肉を使ってあげるっていうのがポイントですね!!

 

大きな筋肉っていうのは疲れにくいです。脚で言うと、太ももがそうですよね。
上半身なら胸と背中が一番大きな筋肉です。

 

だから、太ももを使って走ると疲れにくいんですよね。
これはアフリカ地方の人とかの体つきをみてもわかるんですが、太ももはかなり発達しているけど、ふくらはぎは小さいんですよね。

 

この人はエチオピアのベケレっていう選手です。
実際に目の前で走っているのを見たことがありますが、本当にたくましい太ももをしていました(笑)

 

坂道(上り坂)の走り方

 

アフリカ地方の選手の走りっていうのは見ているだけでもお手本になります。
だから、世界陸上とかオリンピックとかをみるとものすごく勉強になりますね!!

 

少し遠回りしましたが、太ももの裏を意識して走ってみるとものすごく楽に走れるようになると思いますよ!
個人差はあると思いますが、試してみてくださいね^_^

 

坂道を走るときのポイント3つのまとめ!!

少し前傾姿勢
息をしっかり吐く!
太ももの裏を意識して走る!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

坂道(上り坂)の走り方関連記事

ジョグで速くなる!ランの練習方法
トライアスロンのランで速くなりたい人の練習方法を紹介します。インターバルなどをしなくてもちょっとしたポイントをおさえて練習すると速くなります。
7:3の法則(バイクとランの筋肉)これでランは速く!
トライアスロンのランが速くなる練習は、バイク練習をした後にすぐに走るです。トライアスロンの大会と同じ状態でランの練習をすると速くなります。それは筋肉の7:3の法則によるものです。
レース用シューズの選び方
トライアスロンのランは最後の種目なのでかなり疲労していますよね。レース用のシューズ選びというのはかなり大事です。大会用のシューズの選び方を紹介します。
ランニングマシンを利用してフォーム矯正!
ランニングマシンを利用して楽に速く走れるようにフォームを矯正できるんですよ!ちょっと意識して練習してみることで楽に走れるようになります。

坂道(上り坂)の走り方の先頭へ戻る