げんこつ泳ぎ練習で推進力は2倍!

スイム,練習,げんこつ泳ぎ

げんこつ泳ぎで推進力が2倍に!!

2013/10/27

げんこつ泳ぎっていうのを知っていますか?

 

↓↓ これです ↓↓

 

このげんこつ泳ぎっていうのがものすごくいいんですよね!
手はグーの状態で泳ぎます。
こうすることによって、手のひらで水をかくことができないので、腕だけで水をかくことになります。

 

だから、「全然進まないじゃ〜ん!!」ってなると思います。

 

これがいいんです!!

 

最初は全然進まないから体も沈みやすくなると思います。
ただ、だんだん慣れてくるんですよね。

 

この慣れてきたときっていうのが上達したっていうことですね!

 

この時には、きれいなフォームで泳げているっていうこと。
腕のストロークがきれいにできているので、腕で水をつかんで泳いでいるので、とってもいい泳ぎになっているんです。

 

その後に、手を広げて普通に泳いでみてください。多分ビックリすると思います。

 

「この推進力は何?!?!」

 

っていうくらい進むと思います(笑)
ひとかきがかなりの推進力になっているはずです。

 

げんこつ泳ぎの練習をしているのとしていないのとでは、かなりの差が出ますからね!

 

この練習をやり始めてから僕もかなり少ない力で速く泳げるようになったので、ぜひ試してみてくださいね!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

げんこつ泳ぎ練習で推進力は2倍!関連記事

スイムの速くなる練習方法
トライアスロン経験者がスイムで速くなるための練習方法です。
スイムが速くなるインターバル練習!
トライアスロンでスイムが速くなりたいっていう人は、インターバルトレーニングというのが効果的です。僕がやってるインターバルのスイム練習を紹介します。
呼吸(息継ぎ)の練習がスイムが速くなるポイント!
トライアスロンのスイムで速くなるには、呼吸の練習が大事です。スイム練習の時は、呼吸のペース、息つぎの方向が同じにならないように、いろいろするのがポイントです。
ゆっくり泳ぐ練習で悪いところを見つける
トライアスロンのスイム練習で、意外とやっていない「ゆっくり泳ぐ練習」この練習をやることで、自分の泳ぎ方の悪いところが見えてきますよ。
トライアスロンのスイムで速く泳ぐコツはローリング!!
クロールを速く泳ぐコツは、ローリングすることです。ローリングすることで自然と手をかくことができ、楽に速く泳ぐことができます。トライアスロンのスイムで速くなる練習でやってみましょう。

げんこつ泳ぎ練習で推進力は2倍!の先頭へ戻る