トライアスロン初心者のランの練習方法

トライアスロン,初心者,ラン,練習方法

トライアスロン初心者の速くなる練習方法!

2013/05/03

トライアスロンの3種目の中で、ランはいちばん最後の種目であり、一番きつい種目でもあります。

 

トライアスロン初心者のひとで、苦手な人が多く、一番嫌がる練習ですよね。

 

楽に走れる方法っていうのがあります。そこで、初心者の人むけの、ランの練習方法を紹介します。

 

まずは5km走れるようにする!

 

ランの走り方

 

まず、トライアスロン初心者の人は、5qを走れるようにしましょう。
止まらずに、ゆっくりでいいから5qを走ってみる!

 

止まらないっていうのが大事ですよ。

 

5q走れるようになったら、それが自信になり、少しずつ練習の距離も伸ばしていくことができるので。

 

最終的には、トライアスロンの大会の距離である10qを目標に練習しましょう。

 

1回の練習で10qを走れるようになったらいいですね。

 

週に1〜2回1回の練習で5q〜10qを目標に練習してみてください。

 

 

膝を痛めないようにすること


そこで大事なのが走り方になります。練習の距離も大事ですが、一番は走り方ですよ。

 

きちんとしたフォームで走れると、ケガをせずに、速く走れるようになりますからね。

 

走るときに気を付けること。それは、「かかとで着地して、母子球でける」ということです。

 

着地は、かかとからが基本です。

 

かかとから着地することで、ひざを痛めにくい走り方ができます。

 

また、地面をけるときは母子球でけることも大事です。

 

脚の外側(小指側)でける人がいますが、脚の外側だと力が抜けやすいので、速く走ることができません。

 

だから走るときは、「かかとで着地して、母子球でける」ということがポイントです。

 

この走り方ができるようになると、ひざを痛めにくくなりますよ。

 

走り方解説

 

初心者にオススメの走り方で、「伸びランニング」というのがあります。

 

これは、初心者の人が10qを走れるようになる一番の近道だと思います。

 

走れば走るほど、体がやわらかくなる走り方です。

 

また、姿勢が良くなるので、呼吸もしやすく、走るのが楽になります。

 

ケガをしにくい走り方としては一番いい走り方なので、参考にしてみてください。

 

伸びランニング」はテレビに出演して紹介されていて、有名な兼子ただしさんが考えた走り方になります。

 

>>楽に走れるようになる「伸びランニング」の走り方をみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロン初心者のランの練習方法関連記事

ランニングシューズの選び方
ランの練習で使うランニングシューズ選びはかなり大事です。ランニングシューズは、足に合ってるものをはかないとケガの原因になってしまうので、ランの練習用のシューズの選び方を紹介します。
トライアスロンのランの練習場所
トライアスロンのランの練習場所について紹介します。ランの練習場所によって、練習方法も違います。どういう場所でランの練習をするのか紹介します。
ランの練習のはじめ方(トライアスロン初心者)
トライアスロン初心者のランの練習は、歩くと走るを組み合わせてやってみましょう。走ることに体を慣らすためのウォーキング&ジョギングの練習方法を紹介します。
走るときの呼吸方法
走るときって呼吸が苦しいと思います。正しい呼吸法を身に付けると苦しくなくなり、楽に走れるようになります。トライアスロンのランも速くなるので、練習の時から呼吸を意識してみてください。

トライアスロン初心者のランの練習方法の先頭へ戻る