ランの練習用のランニングシューズの選び方

トライアスロン,練習,ランニングシューズ,

練習用のランニングシューズの選び方

2013/05/14

練習用のランニングシューズは、自分の体に合っているいいのを履かないとケガの原因になってしまいます。

 

また、長時間の練習ができなかったりもするので、シューズ選びはかなり大事です。

 

練習用のランニングシューズ選びの基本は、
・靴底の厚さがあるもの(クション性)
・靴底がやわらかいもの(柔軟性)
・サイズがあってるもの
・摩耗に強いもの(耐久性)

 

この4つです。

 

僕の使ってるランニングシューズで説明します。

 

これが僕の使ってる練習用のシューズですが、靴底がけっこうすり減ってますが、これは使い始めて2年以上たってます。

 

ランニングシューズの選び方

 

ある程度摩耗に強いシューズを選ぶと、使い込んでも大丈夫ですよ。

 

ランニングシューズの選び方

 

靴底ですが、かかと部分のクッション性が大事でなので、ある程度かかと部分が厚いものがいいですよ。

 

ランニング中の足への衝撃ってかなり大きいので、シューズでカバーできると、膝への衝撃も少なくなります。

 

 

ランニングシューズの選び方

 

靴底は、上から抑えた時にこれくらい曲がるのがいいです。

 

また、曲がる位置というのが大事で、シューズを履いた時に、ちょうど母子球の位置にくる部分が曲がる靴を選ぶのがいいですよ。

 

あとは、サイズがあっていればいいですね。

 

メーカーによってサイズというのは異なります

 

27.0のランニングシューズを買ったけど、実際は26.5くらいのサイズだったってこともあります。

 

だから、シューズを買うときは必ず試し履きしてから買うのがポイントですよ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングシューズの選び方関連記事

トライアスロンのランの練習場所
トライアスロンのランの練習場所について紹介します。ランの練習場所によって、練習方法も違います。どういう場所でランの練習をするのか紹介します。
ランの練習のはじめ方(トライアスロン初心者)
トライアスロン初心者のランの練習は、歩くと走るを組み合わせてやってみましょう。走ることに体を慣らすためのウォーキング&ジョギングの練習方法を紹介します。
トライアスロン初心者のランの練習方法
トライアスロン初心者のランの練習方法を紹介します。トライアスロンで一番きついと言われているランですが、速くなる練習方法があります。
走るときの呼吸方法
走るときって呼吸が苦しいと思います。正しい呼吸法を身に付けると苦しくなくなり、楽に走れるようになります。トライアスロンのランも速くなるので、練習の時から呼吸を意識してみてください。

ランニングシューズの選び方の先頭へ戻る