走るときの呼吸方法

トライアスロン,走る,呼吸,苦しい

走るときの呼吸方法

2013/05/19

トライアスロンのランで、呼吸って意識していますか?

 

走るときは苦しいと思いますが、正しい呼吸法を身に付けると、走るのも苦しくなくなります。

 

「フッフッハーー」が基本!

僕が走るときにやってる呼吸法は、「2回はいて、1回すう」です。

 

この呼吸法は走ってるリズムに合わせやすく、息を「はく」ことをしっかり意識できます。

 

走るときの呼吸の仕方

 

呼吸は、息をはかないと吸うことはできないと思います。

 

息をはいた分だけ吸うことができます
息を「はく」ことが一番大事なんですよね。

 

走っていて苦しいっていう人は息をはいていないことが多いです。
意識的に息をはくために、走るリズムに合わせて「フッフッ」と2回はくようにするんですよね。

 

ちゃんと息をはいたら、自然と息は吸えるようになります。
呼吸で吸うのは意識しないです。

 

走るリズムに合わせて呼吸をしていきます。

 

着地のタイミングで、「フッフッハーー」「フッフッハーー」「フッフッハーー」という風に呼吸をしていきます。

 

この呼吸法は、右足を基準とすると、右足での着地の時が呼吸のはき始め吸い始めのタイミングになります。

 

最初は難しいかもしれませんが、練習していくうちに慣れてきます。

 

この呼吸法は簡単で、楽に走れるようになると思います。

 

練習の時からこの呼吸法をやっていると、大会でも自然にできるようになり、ランが速くなると思いますよ。

 

とにかく呼吸は「はく」ことが大事なので意識してみてくださいね!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

走るときの呼吸方法関連記事

ランニングシューズの選び方
ランの練習で使うランニングシューズ選びはかなり大事です。ランニングシューズは、足に合ってるものをはかないとケガの原因になってしまうので、ランの練習用のシューズの選び方を紹介します。
トライアスロンのランの練習場所
トライアスロンのランの練習場所について紹介します。ランの練習場所によって、練習方法も違います。どういう場所でランの練習をするのか紹介します。
ランの練習のはじめ方(トライアスロン初心者)
トライアスロン初心者のランの練習は、歩くと走るを組み合わせてやってみましょう。走ることに体を慣らすためのウォーキング&ジョギングの練習方法を紹介します。
トライアスロン初心者のランの練習方法
トライアスロン初心者のランの練習方法を紹介します。トライアスロンで一番きついと言われているランですが、速くなる練習方法があります。

走るときの呼吸方法の先頭へ戻る