トライアスロンのスイム練習(初心者編)

トライアスロン,スイム,練習方法,初心者,練習

トライアスロン初心者のスイム練習

2013/05/03

練習方法の流れとしては、

ウォーミングアップ
 ↓
キック(ビート板を使って)
 ↓
プル(ビート板を足にはさんで泳ぐ)
 ↓
スイム(ちょっとスピードを上げる感じ)
 ↓
ダウン

こんな感じです。

 

この流れで、距離が1000m〜1500mで練習をしていくといいですよ。

 

例えば、1000mのスイム練習をするとしたらこうです。

ウォーミングアップ
 ゆっくりクロールで50m×4回
   ↓
キック
 ビート板をもって、キックを50m×4回
   ↓
プル(ビート板を足にはさんで泳ぐ)
 手だけで50m×4回
   ↓
スイム(ちょっとスピードを上げる感じ)
 普通のクロールを50m×4回
    ↓
ダウン
 ゆっくりクロールを50m×4回 

 

トータルで1000mです。

 

これは、全部50mとか泳がなくてもいいです。

 

25mを8本に変えたり、100mを2本とかでもいいですね!

 

自分なりにアレンジします。

 

とにかく楽しくできるようにするんです。

 

「キックは苦手だから2本だけにしとこう。」みたいな感じでもいいですね。^-^

 

ただ、「キックの練習をしない」とかは、やめた方がいいです。

 

この5つの練習は全部やってほしいです。

 

クロールの基本は、浮く・抵抗を少なくする・かくですよ。

 

それぞれで練習の目的ってのがあるんで、これをしないときれいなフォームが身につきません。

 

だから、まずはきれいなフォームっていうのを意識して1000mを泳ぐ!

 

トライアスロンのスイム練習方法

 

これからやってみましょう。

 

それで慣れてきたら1200m・・・1500mって感じで距離を伸ばして練習量を増やしていきます。

 

キレイなフォームが身につく前やイヤイヤ練習量を増やしてもうまく泳げなかったら楽しくないので、ゆっくり・じっくり練習しましょう。

 

あせっちゃダメですよ(=^_^=)

 

「キレイなフォームって??」
「効率のいい泳ぎって??」
っていう人のために、アテネ五輪代表選手が泳ぎ方を動画で説明してくれてるDVDがあります。
もしキレイに泳ぎたいとか思ってる方がいたらみてみるといいですよ!

 

動画なので、手のかき方、呼吸のタイミングとか、こうすればいいんだってわかると思います。

 

4泳法の泳ぎ方も全部説明してあり、けっこう分かりやすいです。

 

特典で90日間メール相談ができたり、全額返金保証とかもついてるんで。
>>スイムの練習方法の詳細をみる!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロンのスイム練習(初心者編)関連記事

スイムの練習場所
トライアスロンのスイムの練習場所について紹介します。練習場所はスポーツクラブか市民プール!それぞれのメリットとデメリットも知っておきましょう!
スイムの練習に必要なもの!
スイムの練習に必要なものは水着とキャップと・・・。スイムの練習では最低限必要なものから持っておくといいアイテムまで紹介します。
肩の可動域を広げるストレッチ
肩の可動域を広げると、泳ぎやすく、トライアスロンのスイムの練習にもつながります。ストレッチをすることで方の可動域を広げることができるのでやってみてください。
水着の選び方!トライアスロンの練習にはこれがいい
トライアスロンのスイム練習の水着について紹介!初心者の方の悩む水着の選び方を教えます。練習用の水着はこれがおすすめ!
ゴーグルの選び方
トライアスロンの初心者のためのスイムのゴーグルの選び方をご紹介!練習用と大会用ではゴーグルは分けた方がいいのか?
スイミングキャップの選び方!
トライアスロンの初心者のためのスイムキャップの選び方です。スイムキャップには2種類あって、それぞれでいい面、悪い面があります。

トライアスロンのスイム練習(初心者編)の先頭へ戻る