ゴーグルの選び方

トライアスロン,スイム,ゴーグル,選び方

ゴーグルの選び方

2013/10/25

ゴーグルには種類があります。
まずは機能的な部分では2種類に分かれます。
1.ゴムありタイプ
2.ゴムなしタイプ

 

僕が使っているのはゴムなしタイプです。

 

ゴーグルの選び方

 

ゴムなしタイプのいいところは特にないですね。別に理由はないのですが、こっちの方が気に入っています。
(昔、小学生のころにゴムありタイプで目の周りがかぶれている人がいたのでゴムなしタイプのゴーグルを使っています。)

 

ゴムありタイプはゴーグルの中に水が入りにくいっていうメリットがあります。

 

練習ではゴムなしタイプ、トライアスロンの大会ではゴムありタイプのゴーグルをする人が多いですね。

 

初心者の方の場合はゴムありタイプのゴーグルを僕はおすすめしています。

 

デザイン的な部分でも2種類に分かれます。
1.透明タイプ
2.ミラータイプ

 

色はたくさんの種類があります。

 

全部で30種類くらいあるんじゃないかなっていうくらいたくさんの色やデザインのものがあります。

 

ゴーグルの値段はだいたい1500円〜3000円くらいです。

 

まとめると、ゴーグルは大きく分けると4つのタイプから選ぶことができるんですよね。
1.ゴムあり×透明タイプ
2.ゴムあり×ミラータイプ
3.ゴムなし×透明タイプ
4.ゴムなし×ミラータイプ

 

この4種類に分かれます。

 

ちょっと文字だけだとわかりずらいので画像でご紹介!!

 

 

ゴムなし×透明タイプ

ゴーグルの選び方

 

 

ゴムあり×ミラータイプ

ゴーグルの選び方

 

 

珍ゴーグル

そして、こんなおもしろい”珍ゴーグル”を発見したのでちょっと紹介しますね(笑)

 

ゴーグルの選び方

 

このゴーグル「ふざけてるのっ!!」って感じですが、水泳業界では有名な”speedo(スピード社)”が作っているゴーグルなんですよ。

 

水の抵抗を最低限まで減らすとこのような形のゴーグルになるみたいですね(笑)

 

値段も5000円以上とかなり高級なゴーグルでした。物の価値は”希少性”ってことですかね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴーグルの選び方関連記事

スイムの練習場所
トライアスロンのスイムの練習場所について紹介します。練習場所はスポーツクラブか市民プール!それぞれのメリットとデメリットも知っておきましょう!
スイムの練習に必要なもの!
スイムの練習に必要なものは水着とキャップと・・・。スイムの練習では最低限必要なものから持っておくといいアイテムまで紹介します。
トライアスロンのスイム練習(初心者編)
トライアスロン初心者のスイム練習・練習方法についての紹介します。トライアスロンの大会にチャレンジするには、1500m泳げるようになることが大切ですよ。
肩の可動域を広げるストレッチ
肩の可動域を広げると、泳ぎやすく、トライアスロンのスイムの練習にもつながります。ストレッチをすることで方の可動域を広げることができるのでやってみてください。
水着の選び方!トライアスロンの練習にはこれがいい
トライアスロンのスイム練習の水着について紹介!初心者の方の悩む水着の選び方を教えます。練習用の水着はこれがおすすめ!
スイミングキャップの選び方!
トライアスロンの初心者のためのスイムキャップの選び方です。スイムキャップには2種類あって、それぞれでいい面、悪い面があります。

ゴーグルの選び方の先頭へ戻る