スイミングキャップの選び方!

スイミングキャップ,帽子,選び方

スイムキャップの選び方

2013/10/25

スイムキャップには大きく分けて2種類あります。

 

1.シリコンタイプ(ゴムタイプ) トライアスロンの大会用としてオススメ!

スイムキャップの選び方

 

 

2.メッシュタイプ 練習用としてオススメ!

スイムキャップの選び方

 

 

スイムキャップの値段はどちらも1000円前後です。

 

シリコンタイプとメッシュタイプの2種類のスイムキャップの違いというのは通気性です。

 

シリコンタイプは全く通気性がないのでプールで泳ぐときには頭が蒸れて、暑くなってきます。

 

しかし、寒いところで泳ぐとなると頭に水がかからず温かいのでいいですね。

 

メッシュタイプは水が浸透するので頭が蒸れないというより、ぬれます。

 

頭が冷やされるので寒い環境には向きませんが、プールなどで泳ぐときには最適という感じです。

 

まとめると、
・トライアスロンの練習(プールでの練習)の時はメッシュタイプを使う!
・トライアスロンの大会の時はシリコンタイプのキャップを使う!
という感じです。

 

シリコンタイプのキャップはトライアスロンの大会で使うだけという感じです。

 

トライアスロンの大会ではシリコンタイプのキャップが支給されるので買う必要はありません。
(もしかしたら支給されない大会もあるかもしれません)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スイミングキャップの選び方!関連記事

スイムの練習場所
トライアスロンのスイムの練習場所について紹介します。練習場所はスポーツクラブか市民プール!それぞれのメリットとデメリットも知っておきましょう!
スイムの練習に必要なもの!
スイムの練習に必要なものは水着とキャップと・・・。スイムの練習では最低限必要なものから持っておくといいアイテムまで紹介します。
トライアスロンのスイム練習(初心者編)
トライアスロン初心者のスイム練習・練習方法についての紹介します。トライアスロンの大会にチャレンジするには、1500m泳げるようになることが大切ですよ。
肩の可動域を広げるストレッチ
肩の可動域を広げると、泳ぎやすく、トライアスロンのスイムの練習にもつながります。ストレッチをすることで方の可動域を広げることができるのでやってみてください。
水着の選び方!トライアスロンの練習にはこれがいい
トライアスロンのスイム練習の水着について紹介!初心者の方の悩む水着の選び方を教えます。練習用の水着はこれがおすすめ!
ゴーグルの選び方
トライアスロンの初心者のためのスイムのゴーグルの選び方をご紹介!練習用と大会用ではゴーグルは分けた方がいいのか?

スイミングキャップの選び方!の先頭へ戻る