トランジションの練習も大切!!

トライアスロン,トランジション,練習

トランジションの練習

2013/10/24

 

トランジションの練習は大事なので、やっておくのがベスト!!

 

スイム⇒バイク

スイムからバイクへのトランジションでは、

 

・バイクシューズ(またはランニングシューズ)
・ヘルメット
・サングラス
・ゼッケンベルト(ゴムひも)

 

これだけを身に付けて自転車に乗らないといけません。

 

泳いだ後は、平衡感覚がなくなっててフラフラするので、あせらずに準備できるように練習しましょう。

 

バイクにのることのできる乗車ラインというものがあります。

 

トランジションの練習の仕方

 

そこまでは自転車は押して走っていくので、自転車を押す練習もやっとくといいですね。

 

乗車ラインを越えてからバイクに乗らないといけないので注意してくださいね。

 

また、ゼッケンはうしろにつけるようになっているので、ちゃんと確認してください。

 

 

バイク⇒ラン

バイクからランへのトランジションでは、ヘルメット、サングラス、バイクシューズを脱いで、ランニングシューズに履き替えます。

 

このとき、ゼッケンはに付けないといけないので、うしろから前に変えるようにします。

 

バイクを降りる降車ラインというものがあるので、そのラインより前で降りれるように練習しておくことも大事ですよ。

 

トランジションでは、自分のことをするよりも、荷物が散乱していると思うので、場所を間違えないことなども注意しておきたいです。

 

これは、大会当日でないと分からないことなので、当日は、自分のトランジションの場所をしっかり確認しておきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トランジションの練習も大切!!関連記事

JTU登録のやり方(登録方法)
トライアスロン初心者がトライアスロンの大会に出る前にやっておくべきJTU登録。JTUに登録するやり方(登録方法)を紹介します。
大会の準備物チェックをしましょう!
トライアスロンの大会に出るにときはいろいろ準備しないといけません。初心者の方は分からないこともあると思って、準備物チェック表をつくってますので、プリントなどしてお使いください。
トライアスロンではトランジションの準備が大事!
トライアスロンの大会に出る前にトランジションで準備しておく物の確認をしておきましょう。初心者はトランジションでモタモタしないように大会前にしっかりと準備しておきましょう。

トランジションの練習も大切!!の先頭へ戻る